好記担仔麺

ハオジーダンザイミエン

好記担仔麺

 心のこもったおもてなしを受けながら、山や海の珍味を中心とした昔ながらの台湾料理が楽しめます。地元はもちろん国際的にも知名度の高い、名店中の名店です。

日本語を話すスタッフがいます。MRTの最寄駅から徒歩10分程度で行ける範囲。予約して行くことをお勧めします。クレジットカードが使えます。 [記号説明]

カテゴリ 台湾料理 | 麺
住所 台北市吉林路77號~83號
アクセス MRT松江南京駅8番出口から徒歩約10分
電話 02-2521-5999
営業時間 11:30-14:00 / 17:00-AM1:30
定休日 旧暦の大晦日から1月1日まで
WEB http://www.hawji.tw/
標準予算 一人300元程度
備考 クレジットカード可(VISA、JCB、MASTER)
座席数:630席
日本語の話せるスタッフがいます。
Loading...

吉林路に連なる台湾料理店

好記担仔麺の外観 長春路と吉林路の交差点近くにある好記は、昔ながらの台湾料理が味わえるお店です。およそ20年前にわずか12坪のお店から始まった好記は、その発展とともに横へ横へと姉妹店を展開し、今では吉林路沿いに參伍小品達人、舊好記、新好記、大好記、阿美飯店と5軒のお店が連なる好記エリアを形成しています。

(取材:片倉愛)

台湾の歴史や文化にこだわる店内

好記担仔麺の店内
好記担仔麺の料理

 現在、主要な店舗になっているのは新好記で、奥行きのある店内には、オーナーのコレクションである中国の骨董品の数々がたくさん飾られています。テーブルや椅子も落ち着いた色合いの木製品で古きよき時代の温かみが感じられるインテリア。壁にかけられた昔の地図やテーブル上の紙ナプキン、爪楊枝袋をはじめ店内のそこここに見られる台湾語からは、オーナーの台湾の歴史や文化に対するこだわりと情熱が伝わってきます。

舊好記の麺調理コーナー

 新好記の大きな特徴は、そのオーダー方式。海外からの旅行客にもわかりやすいようにと、店先に料理が並べられ、お客が料理と価格を見ながら指差しオーダーできる仕組みになっています。また、スタッフは簡単な日本語を話せるので、言葉の違いによる不便さはほとんどありません。

 店内には4人がけのテーブルから円卓、最大24人収容可能なルームもあり、少人数でも団体でも利用できます。また、新好記に向かって左となりにある大好記は、宴会場や披露宴会場としても使われている広い空間で、さまざまなシーンで利用が可能です。

 かつての12坪のお店は舊好記(旧好記)と呼ばれ、現在は主に麺の調理場になっています。その店内には、歴史を物語る数々が品々がディスプレイされていて、当時の様子を偲ぶことができますよ。また、舊好記に向かって右となりにある參伍小品達人はドリンク店ですが、ここでも新好記の料理が食べられます。

おすすめメニュー

擔仔麺 (40元)

擔仔麺

 20年来変わらぬ味と値段で、今もなおファンを増やし続けている看板メニュー。毎回20キログラムものエビ殻と豚肉で作るスープと脂身少なめの肉そぼろが、人気の秘密です。トッピングにはスープの香りを引き立てるにんにくとニラ、しゃきっとした食感のもやし、あっさり味の肉そぼろ、そしてぷりぷりのエビと適度な噛み応えの豚肉スライスが入ってます。スープを一口飲むと、濃厚なエビの香りが広がり、思わずうなってしまうおいしさですよ。定番の麺のほか、米粉(ビーフン)、板條(きしめん)もあり、スープはおかわりが可能です。

紅蟳米糕/ワタリガニのおこわ (小490元)

紅蟳米糕/ワタリガニのおこわ

 ワタリガニのおこわは代表的な台湾の伝統料理のひとつです。スルメイカ、貝柱、ピーナッツなどの具材ともち米を混ぜ合わせて炒め、新鮮なワタリガニと一緒に蒸しています。ワタリガニは鮮やかなオレンジ色の内子(卵)がたっぷり入っていて、しっかりとした食感とコクが魅力。足にはほとんど身が入っていませんが、付け根部分に身が詰まっていて、新鮮な甘味が口の中に広がります。


翅肉/豚トロの燻製 (220元)

翅肉/豚トロの燻製

 薄くスライスした豚トロを醤油で煮込んだものをさらに燻製加工しています。しっかりとした食感に肉の旨味、甘辛の特製ソースが合わさって、ご飯のおかずにも、お酒のつまみにも最高です。ちなみに、翅肉とは豚の首の肉という台湾語の韻をとったネーミングだそうですよ。

烏魚子/からすみ (内350元/外590~690元)

烏魚子/からすみ

 香ばしく焼き上げたカラスミは屏東産。美しく飾り切りされた大根と葉にんにくが添えられています。カラスミだけでも食べられる程度の塩辛さですが、みずみずしい大根と一緒に食べると、絶妙なまとまり具合です。葉にんにくも合わせると一層風味が引き立ちます。また、「カラスミ」の文字が焼き付けてある好記オリジナルのお土産用カラスミ(690元)もおすすめ。


炸好記豆腐/揚げ豆腐 (120元)

炸好記豆腐/揚げ豆腐

 特製卵豆腐を揚げて出汁に絡めた好記のマストメニューです。テーブルに運ばれてくると、香ばしい卵の香りがふわっと漂い、食欲がそそられます。外側のざらっとした舌触りと中の滑らかな食感の違いが新鮮な驚きを与えてくれる一品。後味には卵豆腐のほのかな甘みが残ります。あっさり味でのどごしも滑らかなので「揚げ物感」はゼロ。箸休めにぴったりです。

湯山蘇/オオタニワタリの肉そぼろかけ (100元)

湯山蘇/オオタニワタリの肉そぼろかけ

 山蘇は台湾に原生する山菜のひとつで、好記では一年を通して食べられます。湯山蘇は、山蘇をさっと湯がき、擔仔麺と同じ肉そぼろをかけています。シャキシャキとした食感の山蘇はさっぱりとクセのない味わいで、お店自慢の肉そぼろとの相性は抜群です。

ミニ情報

オーナー 冬瓜さんからのメッセージ

 伝統的でおいしい台湾料理を提供するため、決して妥協することなく心を込めて、調理しております。国内外からのお客様、全員に、おおいに飲んで、お腹いっぱい食べて楽しい時間を過ごしていただけたらと思います。

記者コメント

記者 好記はこれまで数々のメディアに取り上げられてきた台湾を代表する名店です。毎日2,000杯を売り上げるという擔仔麺は、一口飲めば違いがわかる絶品。指差しオーダーで頼めるだけでなく、スタッフが全員日本語OKなので、台湾初心者でも安心して利用できますよ。

(片倉愛)