旅々セレクト

TABITABI Select

彭園 (林森店)

彭園 (林森店)

 湖南料理と言えば「彭園」。 台湾で最初にできた湖南料理レストランです。老舗の味と落ち着いた雰囲気のインテリアで快適な食事が楽しめます。

カテゴリ 湖南料理
住所 台北市林森北路380號2・3F
アクセス MRT雙連駅2番出口から徒歩約7分
電話 02-2551-9157
定休日 旧正月、旧暦の1月15日前後
営業時間 11:30-14:00 / 17:30-21:00
WEB https://pengyuan.com.tw/
カード OK

日本語メニュー 英語メニュー 写真入りメニュー MRT 10分 予約推奨 日本語スタッフ カードOK [記号説明]

湖南料理の第一人者「彭長貴」の味を引き継ぐ店

 店内の様子彭長貴氏が育てたお弟子さん達は、今や台湾中で大活躍しています。また、氏は中華料理の発展に多大な貢献をされ、台湾のグルメ界にも、大きな影響を与えてきました。いまや、湖南料理だけでなく、他ジャンルの料理にも、多かれ少なかれ、氏の影響を受けたものがたくさんあります。  彭長貴氏の伝説は、三日三晩かけても語りきれないほどたくさんあります。息子である彭鉄誠支配人が、父親の伝説を話してくれましたが、私はそのお話にとても夢中になってしまい、取材中だということうっかり忘れてしまうところでした。

老舗の味とモダンな雰囲気―快適で楽しいダイニング空間

 彭園は伝統的な中華レストランにありがちな喧騒とした雰囲気では無く、白を基調とした落ち着いた感じのお店です。2006年9月1日の改装後は、ゆとりあるアットホームなダイニングを実現するために、テーブル数をできるだけ抑え、カウンタースペースを拡大しました。またソファーのあるレストエリアを設置することで、順番待ちや予約など、ほんの少しの時間でもゆったりと過ごせる様にもなりました。まさに5つ星ホテルのような、快適なサービスを味わうことができますよ。

 アイボリーホワイトの吹き抜け天井と、オシャレで落ち着きのあるワイヤーランプが暖かでモダンな雰囲気を演出しています。私たちを案内してくれたスタッフの方は、「人々の食に対するニーズは年々高まり、多様化しています。私たちは質の高い食を提供する事はもちろんですが、ハード面でもあらゆる年齢層のお客様を満足させなければいけないと思っています」とおっしゃっていました。彭園はきっとあなたの五感を満足させてくれるはずですよ。

 2006年9月1日の改装後は、従来の10人掛けの円卓だけでなく、個室ダイニングを2部屋残して撤去し、全体的に開放感あふれる空間を作りました。全体では約80〜100人を収容できる広々としたスペースになります。大型のパーティや結婚式にぴったりですね。  窓際に並べられた一列のテーブルは、彭園専属デザイナーのアイデアで、各テーブルに6人まで座ることができます。伝統的な中華レストランにありがちな、大きな円卓で大勢で楽しむという古い概念を取り払い、町並みを眺めながら食事を楽しむというスタイルに変えました。家族や気の合う友人たちと楽しむのにピッタリですよ。もちろんデートにもおススメですよ。

おすすめメニュー

左宗棠鶏/鶏のから揚げの甘辛あんかけ (280元)

 甘酸っぱい炒め料理に似ていますが、酸味のなかに塩味があります。鶏肉は、絶妙な揚げ具合。柔らかいんだけど、軽快な肉厚を楽しめます。赤ピーマンの風味が、アクセントになっていて、バランスの取れた絶品です。そんなに辛くないので、どなたでも食べられる一品ですよ。

密瓜盅/メロンスープ (160元)

 あっさりしたものが好きな人にはオススメ。ハニーメロンかメロンを切り、中身をくりぬきます。その中に鶏肉、玉子、そしてジャガイモを煮込んだスープを入れています。パイナップルチャーハンと同じような要領で、メロンの実とスープを一緒に味わえば、特別な美味しさになりますよ。異なる味が見事に調和して、新鮮な感動が体中を走りますよ。

富貴火腿/ハムの蜂蜜漬け

 金華ハムの最も上等な部分のみを、蜂蜜漬けにしています。ほんのり広がる、この甘さは、この料理の醍醐味。脂っこさも全然ありません。クッキーのような素餅とハムを、薄いパンに包んで食べましょう。ハムのなめらかさと、素餅のサクサクした食感のコントラストが絶妙に絡み合っていきます。

(1)素餅と蜜ハムのお皿、薄いパンのお皿が運ばれます。
(2)素餅と蜜ハムをパンの上にのせます。
(3)サンドイッチのようにはさんで、両手でもっていただきます。

生菜捲蝦鬆/レタスのエビ包み (480元)

 前菜としても最適。ロブスターを細切れにし、軽く炒めて、さらに細かく砕いています。これを、レタスに包んで、ぱくっと一口で食べましょう。ロブスターの新鮮さと、あっさりしたレタスの相性がバッチリです。国籍を問わず、大人気の一品ですよ。

東坡扣肉/豚バラ肉の角煮 (360元)

 ごはんと一緒にいただきたい人気料理。私達と同行した日本人スタッフも大絶賛していました。食感は、豚足に似ていています。ちょっと塩味がきいているので、ご飯との相性は抜群です。ついついご飯をおかわりしたくなりますよ。

ミニ情報

  • この他に彭家豆腐(240元)、富貴双方(90元/枚)、原盅濃湯魚翅(600元)もおすすめです。
  • 林森店は日本語の話せるスタッフがいます。

支店情報

  • 羅斯店:台北市羅斯福路二段27號 02-2351-5731
お店からのメッセージ
彭園 (林森店)

 父親であり、レストランの創業者である、彭長貴がよく口にしていた言葉で紹介させていただきます。「我々は、長年に渡って、料理に対する知識や技を磨いてきました。台湾国内外で店舗を持ち、高い評価を得ています。現在、台湾の「彭園」を経営しており、社会的地位の高い人、おなじみのお客様、初めてのお客様、皆さまのご来店をお待ちしております。」皆様に心のこもった一流のサービスを受けながら、本場の湖南料理をお楽しみ頂けたらと思います。

記者コメント
彭園 (林森店)

 今回紹介した料理以外にも、蟹、ハトの丸焼き、鳥の丸焼きなど、数多くの珍しい料理が多彩に楽しめますよ。皆さんも本場の湖南料理の美味しさと、特色を体験してみてくださいね。「サービス精神に基づき、お客様のいかなるご要望にもお応えいたします」と支配人。きめ細やかなサービスに、大満足することでしょう。(周小姐)

最終更新:2013年11月15日

copyright(C) Magicalsite Taiwan Inc. & MagicalSite Inc. All Rights Reserved.