四川吳抄手

スーチュアンウーチャオショウ

四川吳抄手

 奥深い辛さの四川料理が楽しめると人気の四川吳抄手は、2005年12月末に改装を経て新しく生まれ変わりました。今までのアットホームな雰囲気とサービスはそのままに、スタイリッシュなインテリアに大変身しました。

日本語のメニューがあります。英語のメニューがあります。MRTの最寄駅から徒歩5分程度で行ける範囲。日本語を話すスタッフがいます。(片言の日本語しか話せない場合もあります)クレジットカードが使えます。クーポンがあります。 [記号説明]

旅々台北クーポンあります!
特製ワンタンを一皿無料サービス
カテゴリ 四川料理
住所 台北市忠孝東路四段250號之3
アクセス MRT忠孝敦化駅から徒歩約5分
電話 02-2772-1707
営業時間 11:30-14:30 / 17:30-21:30(LO.21:00)
定休日 なし
WEB
標準予算 一人500元程度
備考 VISA、MASTER、JCB
席数:約100席
Loading...

本場仕込みの四川料理

四川吳抄手 店舗外観

 四川吳抄手は1940年代に台湾に渡ってきた四川の調理人が、1950年に台北の西門町で開いたお店がルーツです。
 黒、白、深紅のスタイリッシュな外観で、白とグレーでシックにまとめられた店内には、落ち着いた色合いのテーブルと椅子が整然と並び、和やかに食事が楽しめる空間になっています。

(取材:黄小姐)

今に受け継ぐ伝統の技

四川吳抄手 店内
四川吳抄手 店内

 お店の創立は1978年。すでに30年以上の歴史あるお店ですが、オーナー兼シェフの莊賢三さんと四川料理との歴史はさらに1945年まで遡ります。第二次世界大戦後、台湾には蒋介石とともに大勢の四川人が訪れ、生活するようになりました。自然と商いも始まり、当時20歳前後だった莊さんは、そこで本場の四川料理を学びました。

四川吳抄手 店内

 その後、現在の東区に移転したのですが、調理人は「生徒」として募集するんだそうです。生徒は、必ず包丁の技から勉強を始めます。腕の立つ先輩調理師が厳しく指導をし、生徒達も努力を重ね、だんだんと一人前になっていくのです。

 こうして、四川の技は受け継がれて行き、半世紀が経った現在においても、「四川呉抄手」では、本場四川の味と技を、提供することができるのです。

 また2005年12月末の改装で、今までのアットホームな雰囲気とサービスはそのままに、スタイリッシュなインテリアに大変身。白とグレーでシックにまと められた店内には、落ち着いた色合いのテーブルと椅子が整然と並び、より和やかに食事が楽しめる空間に生まれ変わりました。

 「マネージャの張正憲さんは、「当店の料理を食べたお客さんは、本場のものよりおいしいと言ってくれます」と言うほど、本場四川の味にこだわったお店です。

おすすめメニュー

紅油抄手/ピリ辛ワンタン (95元)

紅油抄手/ピリ辛ワンタン紅油抄手/ピリ辛ワンタン

 まず、前菜ってことで・・・。ピリっとするのラー油がかかった、薄皮で具がたっぷりの「紅油抄手」を口にすると、中からスープがじゅわっと出てきます。柔らかい具は、最高の美味しさと言っても過言ではありません。。

毛肚火鍋/四川風火鍋 (400元)

毛肚火鍋/四川風火鍋毛肚火鍋/四川風火鍋

 この鍋の最も大きな特徴は、牛の大きい骨と山椒の実と特製のラー油を入れて、時間をかけて作ったタレにあります。舌がヒリヒリするほど辛いけど、胃にもたれないです。しかも、絶えずお鍋の中にお茶を注ぐので、お茶の香りがしてより一層美味しくなります。


一口天 /魚の揚げ物(100元)

一口天 /魚の揚げ物

 100パーセント魚の身で作られた贅沢な揚げ物です。鍋に入れて、ちょっとゆでてから、お店自慢のタレをたっぷりつけて、一口で食べてください。。

黄喉/豚の軟骨 (320元)

黄喉/豚の軟骨

 これは豚の咽喉部を取ってきれいに洗ってから、細く刻んだものです。この「黄喉」は鍋に入れたら、普通の軟骨よりパリパリして美味しくて深みがある料理になります


蒜泥白肉/豚肉と白菜のにんにくソース (280元)

蒜泥白肉/豚肉と白菜のにんにくソース蒜泥白肉/豚肉と白菜のにんにくソース

 肉がとても薄くて透き通るようです。調理師の見事なまでの包丁裁きです。自家製のラー油をかけて食べます。食べ始めると、お箸を置くことができないほどです。

宮保鶏丁/鶏肉のピリ辛炒め (290元)

宮保鶏丁/鶏肉のピリ辛炒め

 見た目、簡単に作れそうな鶏のチリソースだけど、鶏の肉と唐辛子、甘辛い葱の材料だけで作られた「宮保鶏丁」を食べたら、その味は一生忘れないでしょう! 海外に移民した大勢の人たちが、帰国すると、必ずこのお店の「宮保鶏丁」を食べにきます。そして、故郷の味をかみしめるのです。


粉蒸排骨 /スペアリブの蒸し物(145元)

粉蒸排骨 /スペアリブの蒸し物

 

 油燜筍の材料と調味はとてもシンプルですが、美味しく仕上がるかどうかはまさに料理人の腕次第です。秀蘭小館では、少し塩漬けにした桂竹筍を使うことで、柔らかさを出しつつタケノコのさっぱりとカリッとした特質も失われていません。

 桂竹筍を短冊切りにした後、醤油と氷砂糖を加えて弱火で煮ながら炒めると、あっという間に美味しい油燜筍のできあがりです。


支配人 張容軒さんからのメッセージ

 「毛肚火鍋の美味しい食べ方」を伝授します。生肉に卵の白身だけつけて、しばらくおいてから、鍋に入れると、より一層柔らかく食べやすくなります。 口に入れる前に、ごま油と卵の黄身を混ぜたタレをつけてから食べると、胃を保護できます。 鍋を食べるとき、まずいろいろな材料を食べて、その後で、ラーメンかご飯を入れて、よく煮て食べると、美味しい鍋料理で大団円です。

記者コメント

 もう一品ってときに、日本の人に人気の擔擔麺(タンタン麺 60元)はいかがですか?小ぶりだけど本格四川の味ですよ。それと、超辛いのは苦手という人はお店の人に相談してください。炒め料理や毛肚火鍋は、辛さの度合いを調整してくれますよ。

(黄小姐)