中国語会話

はじめに

 台湾旅行のとき、少しでも中国語が分かればもっと楽しいのに、と思ったことはありませんか? 台湾の中国語は繁体字なので、日本人にも馴染みやすく、読み方が分からなくても何となく意味が分かります。しかし中国語を聞いたり話したりとなると、全然分かりませんよね。

 この旅々台北的中国語会話講座は、全く中国語を知らない人のために、ほんの少しだけ中国語会話をお教えする講座です。中国語を本格的に習おうとすると何年もかかりますが、そのような本格的なものではなく、片言未満の中国語会話講座ですから、この講座ではペラペラにはなりません。けれども、この講座で学習しておけば、聞いたことのある単語を耳にしたり、お店で少し話しかけてみたりと、台湾旅行がうんと楽しくなりますよ。

カリキュラム

 この講座では今のところ全14レッスンを予定しています。Lesson 1(発声と数字)、Lesson 2~5(基本編)、Lesson 6~12(応用編)、Lesson 13~14(実用編)のカリキュラムです。Lesson1から順に学習してください。

 それぞれのカリキュラムでは動画で発声を確認できます。また動画は、iPod、iPhone、携帯電話などのポータブル機器で再生できるフォーマットも用意しているので、お気に入りのシーンをプレイヤーに入れて台湾に持ってくることもできますよ。

目標

 わずかな期間で中国語をマスターするのは無理というもの。この講座では中国語に慣れるという点に重点をおいています。そのため、難しい文法などの体系的な学習はありません。この講座の目標は、台湾の中国語がどのようなものかを理解することです。少しでも言葉になじんでおくことで、実際に台湾を旅行するときに、言葉が全く分からない別世界の旅行ではなくなり、台湾旅行がうんと楽しくなることでしょう。

学習の方法

 この講座は学習というほど大げさなものではありません。ホームページと動画を見比べながら学習を進めますが、特に動画を繰り返し見て、実際に発声してみてください。実際に発声してみるということは、とても大切なことです。

 また、日本と台湾では漢字や単語そのものの意味が違うことがよくあります。中国語にはあって日本語にはない表現や、その逆も多くあります。一連の漢字のつながりを直訳できないケースが多いので、漢字や単語から意味を類推するのではなく、文章そのものの意味を覚えるようにするとよいでしょう。

記法

 この講座では発音はカタカナで書いていますが、あくまで参考としてください。動画により発音を確認してください。また発声法は省略しています。中国語には四声と呼ばれるアクセントがあります。発音のカタカナに続いて(1)とあれば第一声です。

おことわり

 この講座は台湾の話し言葉の学習ですので、文法的に厳密でないところが多くあります。

動画の再生について

 各ページでのステップごとの動画の再生にはFlash playerが必要です。ページを開いた後、動画の読み込みには少々時間がかかることがあります。Flash playerがインストールされていない場合は、ページ下部の「復習」の動画はWindows media playerで再生することができますので、こちらをご覧ください。

中国の中国語(普通話)との違い

 日本で一般に中国語というと、中国の中国語(普通話)をいいますが、台湾の中国語は北京語をベースにしたものです。中国の中国語とは字体が異なるほか、慣用句や発声も若干違いがありますが、日本で中国の中国語を学習された方は、台湾でもほぼ問題なく通用します。日本人にとっては台湾の中国語の方が発声しやすいようです。


旅々台北TOP会員募集旅々台北とは?コンテンツQ&A